2011年3月 1日 (火)

FXを始める条件

FXを始める条件についてお話をしますね。必ず必要な条件というわけではありません。ただ、FX取引はインターネットを使って行いますからインターネットに接続されているパソコンは必ず必要ですね。

FXを始めるにあたっての資金は10万円くらいは持っていた方がいいですね。20万円から30万円位はあるとFXを始めるにあたってはとても有利です。のFX会社は売買の単位を1万通貨にしていますから1万ドルなら100万円になりますので、10万円の資金から100万円以上の取引をするのはリスクがとても高くなります。ほかにも、取引時間も必要です。仕事で忙しいという場合にはFXに15分から30分くらいかければいいと思います。

このように、でサラリーマンの人は朝の出勤前に20分と夜の帰宅後に30分だけFXの相場を確認している人がいます。自分のペースでFX取引の時間を設定するといいですね。

FXを始めるにあたって

FXの噂を聞いてしてみたいと思っている人がいるかもしれませんね。意外と、FXも金融商品だから銀行へ行けばFXの取引を始められると思っている人はいませんか?

FX取引を行っているのは専門の業者だけなのので、まずFX専門業者を選択しなくてはいけません。X会社を選ぶ必要があります。理由としては、FX会社によってメリットやデメリットはあります。それを活かしてしていかないと損する可能性があります。中でも、FXは儲かるという電話勧誘をしてくるような会社は避けたほうがいいですね。

このように、FX会社を選ぶ際にはインターネットなどでFX業者比較サイトなどが色々とあります。自分の目で見て確認するといいですね。また、資料請求ができると思いますから資料請求をしてみて比較検討してみるのも手です。

FXと外貨預金との比較

FXと外貨預金は同じ外貨を使った取引なのですが、違いがあるようです。では一体どんな違いがあるのでしょうか?

FXと外貨預金は見かけ同じように見えますが、全く違う投資です。外貨預金銀行によっても違っていますがドルで1年間預けた場合の金利は4パーセント程度、往復手数料が2円位かかりますからたとえばレートが113円で1万ドルを預けていた場合にレートが変化しなかったら1年後は115円ですね。113万円をFXで投資運用した場合にはどうなるか?といいますとFXのレバレッジ1倍というものでドルを買った場合には1年後にはスワップポイントという金利みたいなものが付きますからそれがなんとFXの場合には5万円がつきます。かなり金額の差ですね。

このように、FXと外貨預金を比べるとFXの方が断然メリットが大きいですが、あくまでもリスクがあります。少ない金額から投資をしていきましよう。

FXと株の違いはどんなものか?

FXとよく比較されるのが、株ですね。では、一体どんな違いがあるのでしょうか?そんなお話をしたいと思います。

株とFXの違いはFXの場合に会社の倒産というものがありません。株の場合には株を持っている会社が倒産してしまった場合には、株券は全く価値のないものになります、その点fXては、外貨で取引をしますから倒産という心配がないですね。また、FXには天井や底値といったある程度の限度があれます。安心して取引が可能です。利点として株は証券取引所が開いている時しか取引できませんがFXの場合には24時間取引が可能です。

このように、株とFXは同じ投資ですが、全く違う投資のスタイルとも言えます。資金でも、FXのほうが少額で済みます。みなさん、FXをはじめてはみませんか?

外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引とは、外国語いうとFXとなります。投資の一つですね。では、いったいどんな投資になるのかを見ていきましよう。

簡単にいえば外国の通過を売買して取引をしてその売買の際に出る利益のことをいい、それをまた投資しながら、儲けていくということです。FXでは、外貨を買ったり売ったりする際に手数料がかがります。しかし、株取引よりも手数料が低いので、いろいろな人がFXをしています。また、FXでは、株に比べると少ない資金で始めることができることができるので、かなり人気があります。

このように、国為替証拠金取引は仕事を普段している人でもFXを手軽にできるメリットになっています。主婦でもしているFXです。株に比べると取引ができる吏員もあります。一度FXを考えみましよう。

無料ブログはココログ